「心の書写」の効用

体験談に見る「心の書写」の効用

『心の書写』が我家に、私に、幸福を呼んでくれました。そんな声が多く届きます。 心の書写で得られるものは何でしょうか。

心が強くなる

家庭書写の前日、水曜日のことです。日中に困難なことがあり、仕事から戻った私は、家を見渡し、リビングテーブルは散らかっているし・・・。いくつもチェックして怒鳴ってしまいたくなりました。

そんな時テーブルの片隅にワインカラーの書写が少し見えました。「うーん。そうか。」と、とりあえずイライラをとどめて、嫌だけど書写を書いてみようと思いました。

その時は、『影のない人生を生きる』です。読んで、書き始めるとき、「でも、でも、ダメかも…」と浮かび ましたが、押し切って「そうだ。そうだ。切り替えて、これから頑張ろう。」と思えました。

こんなにすっきりと切り替えられたのは、まさしく『幸福を呼ぶ心の書写』のおかげでした。
M.K.さん(50代主婦)

この方は、ご夫婦と子供4人の6人家族です。疲れて帰ったら家の中が散らかっている。爆発したくなるお母さんたちは多くいるはずです。湧いてくる感情を爆発させて後悔することもしばしば...そんな時、自分を押しとどめることのできる力を書写は与えてくれます。

やる気がでる

あれこれすることが多 くてイライラしている時、何から手をつけてよいのかわからなくなる時があります。そんな時、書写をすると、一つ一つ手がけていくうちにいつの間にか終わってていた。そんな、体験をするようになりました。

又、どうしてもやる気が出ない時も書写をしてみます。書写をすると、いつの間にか心にかかっていたブレーキから開放されたように楽に体が動くようになります。
Y.U.さん(50代 主婦)

集中力が高まる

書写セットを研究室に置いているという方もいます。「考えがまとまらないときに書写をすると、頭が整理されて集中しやすくなる」そうです。

この方は、中国で大学を卒業し、就職されましたが、学術的な必要性を感じられて大学院生として留学してこられた方です。

心が安らかになる

私は観光バス会社でバスの運転手をしています。毎日バスの運転をしていますが、会社での人間関係の悩みや、利用者が外国人の時は、心がとてもイライラの気持ちでいっぱいでした。

仕事の関係上、書写を夜に実践していくと、自分の気持ちが整理され心が安らかになり、安心して眠ることができるようになりました。書写をするのとしないのとでは、天地の差を感じるようになりました。
Tさん(男性)

人との関係がうまくゆかずに苦しんでいる人がいます。とりわけ自分が愛したい、愛されたい相手とうまくゆかないとき、それが憎しみへと変わることがあります。心の書写によって、長年解けなかった親子や夫婦の恨みや負の感情が解かれたという話が本当に多く寄せられます。

母への憎しみが消えた

親子関係(自分の母親との関係)で課題を抱えておられた方がいます。 子供のころから母親は運動会も来てくれない、喜ばせようとしても半分しか喜んでくれない、半分しかほめてくれないという事で、不満を持ってこられました。

それで、今母親と同居されているのですが、その母親のことをずっと憎んでおられました。

それが、書写をするようになり「私はどうして母親の事を憎んでいるのだろう」と思う様になって来たというのです。 そして今では、母親との会話もスムーズになって来たと喜ばれています。小学生の子供さんも一緒に書写をやっておられます。
(代筆 久留米在住主婦)

先立った夫への憎しみが消えた

書写に出会うまでは夫や子供に対しても、やさしい言葉をかける事もなく過ごしていました。夫と仲良くなれないままに夫は霊界へ行ってしまい、その後何もかも子供の事や家の事など責任を背負うような結果になり、なおさら夫を許せない私でした。

書写に出会って毎日書いているうちは何も変化が無く過ごしていましたが、ある日教会長先生が『亡くなったご主人と一緒に書写をして下さい。』とおっしゃったので、初めは変わらないと思っていたのが、段々といつの間にか亡くなった夫に言葉を出して会話をするようになっていました。

残念なことに返事は来ません。でも毎日していると気づかないうちに夫を許している自分がいました。書写をするまではあんなに憎んでいたのに!不思議な事です。

家のベランダで戯れている2羽のスズメを眺めていると、夫を思い出し恋しくなってしまう心の変化に驚いています。また電線に止まっている沢山のカラスの、かけ声の様な鳴き声がラップのリズムに感じて楽しくなりました。そんな乙女の様な心に変わっている自分自身に驚いたりしています。
(福岡市在住 60代 主婦)

夫の言葉に腹が立たなくなった

私は今日まで、主人の暴力や言葉の暴力、本当に考えられない様々なことがありました。これは言ってもわかってもらえないほどの家庭地獄が続いていました。

書写を初めて、最初はあまり気乗りしませんでしたが、続けているうちに少しづつ夫の言葉が受け入れられるようになってきました。カチンと来なくなったのです。そして、主人の態度が少しづつ変わってきているのに気が付きました。

近所の人たちも主人の変化に気づかれ、私に「何かしている?」と聞かれましたので、書写をすすめて、今書いてもらっています。
Tさん (60代 女性)

いつも夫婦喧嘩の声が絶えなくて近所でも有名だったそうです。それが奥さんが書写をされるようになり静かになったので、近所の人たちが不思議に思って尋ねたそうです。ご主人は何も知らないそうですが、近くのカラオケ屋で「最近不思議なんだよなあ。今までだったら絶対に怒っていたことが、今では怒る気にならない」と言われていたそうです。

心の書写の大きな特徴の一つとして「気付き」があります。人は誰でも自分の考えの中に入り込んでしまうと、周囲のことが見えなくなり、自分のことすらわからなくなります。 書写をすると、見えなかったものが見えるようになるのです。

自分の欠点に気付いた

自分で気づいた時、やっと心から本当に変わることが出来る事を実感しました

夫がどうも元気ない様子で、夫婦関係もぎくしゃくしていました。本当に変わっていけるのだろうかと疑いを持ちながら、それでも続けて自叙伝書写をしていました。 その中で悟ることがありました。

自分のことを先にして、夫のことを後回しにしているんじゃないか?と気づいたのです。 人は、自分の欠点を指摘されてもなかなか変われるものではありません。自分で気づいた時、やっと心から本当に変わることができることを実感しました。

そして自分の努力が始まったとき、夫も変わりました。今では一緒に自叙伝書写をしています。 ありがとうございました。
(匿名 久留米在住 主婦)

考え直すことができるようになった

母から書写を勧められたとき、書写は幸せを引き寄せるものだと聞かされ大変驚きました。と言うのは、最近私は「引き寄せの法則」についての話を聞き、とても興味深く感じていて、自分自身も実践してみようと考えていたからです。もちろん、母のすすめも引き寄せだと思い素直に受けることにしました。

書写を始めてから、「こんなに主人を愛しているのになぜわかってくれないの?」と思うと、心の別の方で「愛は与えてもなお与えたい心です」と返ってくるのです。すると私は、本当に主人を愛しているのだろうかと思い直し、心が穏やかになります。

「どうして、こんな悪いことがおきるの?」「どうしてこの人は、私に悪いことを言うの?」と思うと、心の別の方で「私は正しく生きているか」とたずねてきます。すると、私の方が間違った考えを持っているのだろうかと考え直すことができ、問題を解決するのが簡単になりました。それで、自分の心が幸せも不幸も決めているのだと思うようになりました。

いつも「笑う門には福来る」を念頭に置き、幸せを引き寄せたいと思います。これからも書写を続けたいと思います。
R.Mさん

人間の心は公的なものです。私は一人で生きているのではなく、家族や地域、社会とつながっている存在です。私が幸せになれば、私と触れ合うすべての人たちに幸せが来るようになります。

夫や息子が変わった

書写をするようになってから、家族の行動に気を配るようになりました。家族のちょっとした変化にも気づいて、喜べるようになったのです。

23歳になる長男が、いつも部屋に閉じこもっていたのですが、この間居間に出てきて主人と一緒にテレビを見たり話をしているのです。それを見て嬉しくなりました。いつも部屋にいる息子が、主人と語り合っているなんて!

又、次男は鹿児島の自宅に一人で住んでいるので、いつもとても心配なのです。実は以前は家族一緒に住んでいましたが、父親と対立して部屋にバリケードを作ってしまい、今は一人だけ鹿児島に帰っているのです。

先日、主人が帰宅すると、夜の10時頃だというのに、急に「今から皆で息子のところに行こう」と言いだし、夜中に車で帰りました。 最近では、実家の両親や兄、従兄が息子を心配してくれ、それがきっかけで交流が始まりました。
(50代 主婦)

親子三代、家族が明るくなった

親子三代がそろって書写をしています。回を重ねるごとに笑いが多くなり、夫が「家中に笑い声が飛び交うのがトイレまで聞こえたよ。良い事だね。俺は今一番幸せを感じるよ」と言ってくれました。

また、孫が高校でクラスのリーダー的存在になり、先生からも頼りにされていると聞き、祖父も喜んでいます。孫は「学校は楽しい!」と言っています。以前に比べてとても明るい性格に変わったと一同喜び合えました。

家庭書写のおかげで親子が一つになってきていることが感謝です。この輪を広げていきたいと思っています。
K.Mさん

家族関係が良くなってきた

その日は前日の恩恵もあり、時間を8時に決め、環境も整えられたので、全員参加ではありませんが8時からダイニングテーブルで書写を始めることができました。お菓子を一人一人に準備するので、子供の中には「今日のおかしはなあに?」と言って席に着く子もいます。書写の後はよい交流が出来ました。

私は日ごろ結構厳しい口調も多いのですが、仕事のことや、体調のこと、お手伝いのことも穏やかに伝えられました。そんなひと時の中で、次女が主人との話を聞かせてくれました。

実は主人は口数が少なく、書写会にも参加しません。私が、時々主人の事情やよかったところを子供たちに話しています。 ある日の休み、家には娘と主人だけになりました。そしてお昼過ぎに「どこかに食べに行くか?」と誘ってくれたそうです。娘は用事があったので、「今日はいい」と言ったのですが、珍しく外食を主人から誘ってくれたので、何かうれしくなったそうです。そんな話が書写会に聞けて、娘と主人のやさしさに私も嬉しくなりました。
M.K.さん(50代 主婦)

自分が変わると、その影響が家族に伝わり、幸福の波が次第に広がっていきます。仕事が順調にいくようになったり、新しい仕事が見つかるなど、人生が好転していきます。

職場の雰囲気が変わった

夫が毎朝早く起きて書写をするようになりました。夫は営業マンで、当時実績が出なくて苦しんでいました。本人も苦しいのに、上司が又叱り付けるばかりの人で、周囲が気の毒になるくらい毎日のように怒られていたのです。

ところが、まず、社内の配置換えがあって、上司が変わりました。さらに、その上司たちを教育する為に本社からもっと上の上司が送られてきました。ただ実績を責めるのではなく、戦略をたてるようになり、社内全体の雰囲気が変わりました。
(福岡在住 50代主婦)

クレームが解決した

半年程前に、書写を始めました。この間、様々な仕事で失敗を重ねても、結果的に解決していくことが沢山あ りました。

私は営業を行っておりますので、様々なタイプのお客様とお話しをさせて頂いております。当然、ご契約を頂ける方もいれば、そうでない方もいま す。せっかくご契約を頂いた方でも、双方の認識の違いで大きなクレームに発展する事があります。営業マンとして、一番辛いのは、笑顔でご契約頂いたお客様 からクレームを頂く時だと思います。今回その一例を御紹介させて頂きます。

パソコンの種類の中で、WindowsXPというパソコンがあります。実は今月からマイクロソフト社のサポートが終了するとのことで、インターネットを接続するには厳しい環境になっています。 私が営業をさせて頂いた際、お客様のパソコンの種類をきちんと確認しておらず、工事が終わって、お客様がインターネットを始めようと思った時に、お持ちのパソコンではお客様が理想としていたことが実現できないことが判明したのです。

大きなクレームとなり、私に「パソコンを用意しろ、でなければ消費者センターに訴えてやる」と毎日クレームの電話がやみませんでした。ただ、私は毎朝書写をしておりましたので、毎日心を込めて書写をしながら問題解決を願っておりました。

すると二週間ほどで何と、お客様から「パソコンを購入することも考えてみようと思う」と言っていただいたのです。理由を伺ったところ、当社のサポートサービスによって今のパソコンの状態が把握でき、新たに購入するまである程度代用できることが判明したとのことでした。 はっ きり言って私は何もできませんでしたが、これが書写の効用なのかと実感いたしました。

書写の内容は営業でつらいことが多い私にとって、生きる希望を与えてくれ、なおかつ、奇跡をも起こしてくれるパワーがあります。これからも引き続き書写を継続していき、多くの方に書写を紹介して喜びを分かち合っていきま す。
(福岡在住 30代 会社員)

心と体は密接につながっています。心が幸せになれば、体にもいい影響が起こってくるのは不思議なことではありません。

正座ができるようになった

その婦人は足が悪くて、どこに行ってもいつも椅子でしか座れないので、申し訳ないという心を持っておられました。3月から書写を熱心に取り組んでおられます。

若い時から書道を学んで表彰状を書いたりされていた方ですから、朝起きてから姿勢を正し、一筆一筆心をこめて書写してこられました。 足が悪いので、書写する時は足を延ばしてやっておられたのですが、ある夜布団に入る時に座ってみると正座ができて、思わず「神様ありがとうございます」と祈ったそうです。その日以来、「書写をするこの時間だけは正座させて下さい」と祈って書写をされています。

ある日、食事の最中、自分でもなぜか知らないけれど、涙が出てきて一時間ほど止まらず、そしてその後はスカーッとした、そんなことが何回かあったそうです。
(代筆 久留米在住主婦)

体調が良くなった

書写をやり始め何日か経つと、心が落ち着いてくるのを感じるようになりました。すると目覚めが良くなり、 一日の生活リズムが正され、気分が晴れ晴れするようになりました。

一時は体調が悪く、日々の活動が難しい状況でしたが、今は体調も落ち着いて、生活できるようになったことが感謝です。

書写で心が変わると、体調にも変化が現れるということを実感しました。
S.O.さん

その他、書写祈願ということがあります。書写をする前に何事か願いをたてて書写をすると、願いがかなうという話です。仕事が見つかった、学校に合格した、試合に勝ったなど、ごく普通のことのように起こります。天運を受けるということはそういうことなのです。

プレゼント

初めての方へ

お試しセット贈呈

書写講座

浅川先生講座

書写奉納式

書写奉納式

毎月、浅川勇男先生をお迎えして「書写奉納式」を行っております。

詳しくはこちら

外部リンク

書籍紹介

愛天愛人愛国
文鮮明先生の著書です。

心の書写
浅川先生の著書です。

家庭運アップの秘訣
浅川先生の著書です。

本のお求めは光言社でどうぞ。又、浅川先生の著書はAmazon.co.jpからも御購入できます。

ページの先頭へこのページの先頭へ