書写応用編〜深く理解する為に〜

書写講座

書写する言葉はただ書いてしまえばすぐに終わる短いものですが、その言葉には深い内容が込められています。読んで、書き写すだけではわからない内容を、浅川先生がわかりやすい例をあげながら解説して下さいます。具体的な話も多いので人気の高い講話です。

書写で心の中の恨みが溶ける理由

人の悩みはそう簡単に解決するものではありません。 写経というものは膨大なものです。般若心経でも書写するのに最低一時間はかかります。 それをずっと続けていく。そうして、ようやく結果が出るかでないかです。

ところが、不思議なことに自叙伝心の書写では、たった一つの言葉を書くだけで、何十年来もつれていた夫婦の糸のもつれが解けていく、或は絶対愛せないと心に定めた嫁や姑の心のしこりが洗い流されていく、そういう話が多くあります。

心の書写は、数分で終わります。しかも、全国をみれば3歳の子供までやっている簡単なものです。何故たった一つの言葉を書くだけなのに、こんなことが起こるのでしょうか。

文字を書くことには、脳の働きを良くする脳科学的結果があるといいますが、それ以上のものがあります。誰の文字を書くかが問題です。御釈迦様の字を書けば難行苦行の功徳をいただきます。

文鮮明先生という方は、すべての人が幸せになってほしいと願い、あなたの受けている苦しみを分かって、実の父母以上に泣いた人です。文先生の文字を書く時、その愛情が筆を通して伝わり一文字一文字書く度に心が解けていくのです。

汚れた服を洗うには泥水は使いません。恨みを持ち、憎しみを持ち、許せないという心を持ち、すべてのことは人のせいだと思う汚れた心を洗い流さなければ、幸せにはなれません。

文先生は、私以上にひどい目に合いながら人を恨んだことがない、愛を尽くしたのに牢獄に入れられ、それが感謝だった言い、牢獄に入れた人の幸せを祈る。そのように恨みという汚れが出ない人でした。

この無色透明な愛の心からにじみ出た言葉を目から見る、目から入る、口に出して読む。耳から入ってく。筆を取ってこれを書く。目から耳から手から洗われていく、そうゆうことなのではないかと思います。

☆この内容はH27.3.18の書写奉納式で語られた講話から抜粋してまとめたものです。

 

書写祈願 / 何故願いが叶うのか

/ 願いが叶う理由 /

書写祈願ということがあります。書写をすると願い事が叶うということを多くの人が体験しています。何故願いが叶うのでしょうか。

あなたが書写をするとき、きっと今抱えている悩みや課題を解決したいという願いがあるはずです。あなたは一か月して結果が出なければ書写を辞めるかもしれません。しかし、あなたがあきらめてもあきらめない人がいます。あなたが願う以上にもっとあなたを幸せにしてあげたいと心の底から思っている方がいらっしゃるのです。

文鮮明先生は、15歳の時にイエス様に会われて後、苦しんでいる人類を必ず幸せにして見せますという請願を神様とイエス様の前にたてられました。その対象は皆様一人一人です。もし、皆さんが何かに苦しんでいるとしたら、それだけで文先生の愛の対象になっています。それで、結果が出るのは救われようとする私どもより、救ってあげようとする神様と文先生の意志の方が、はるかに強くて深くて、変わらないからです。それを受け入れる、信じるということが重要です。

書写祈願は文先生の言葉を書いてから願っています。文先生の言葉には愛がこもっているだけではありません。分別力があるのです。善と悪を切り裂いて分けるという強力な力があります。書く人の心の中には良い心と悪い心が同じ箱の中にごっちゃになっています。

良い心と悪い心を分けるのです。これをみ言葉はしてくれるのです。自分のことしか考えられない自己中心的な心に、自分の本性が湧き出てきます。その瞬間、あなたを幸せにしたい力、天運が真直ぐに降りてきます。心の分別力、それを気づきと言います。

/ 願いが叶わないわけ /

では、一方で願いがかなわないという人がいますが、何故でしょうか。

人間の心には建前と本音があります。願い事は誰にもありますが、建前で願う人がいます。本音はだめだと思っている。本音があきらめている、決めている人がいるのです。本音で願えるように自分自身を説得しなければなりません。

又、自分は正しく相手が悪いと思っている人がいます。このような妻が、夫が変わりますようにと書いたとします。叶う確率は低いです。自分は正しいので変わらないと決めているからです。心の書写は自分の心を変えるためにあるのです。 願いを叶えるには書き方があります。

家族が円満にならず夫婦円満にならないのは私が悪いのです。私の愛が不足しているのです。だから私が変われるように、導いてください。このように自分を低くする人に神様は手を差し伸べられ結果が出てくるのです。

☆この内容はH26.12.18の書写奉納式で語られた講話から抜粋してまとめたものです。

浅川先生ご紹介

浅川勇男(あさかわ いさお):新潟県出身。青年のころより真理を探究し、数々の思想、哲学を研究されました。特に、人間の心のあり方、 家庭の幸・不幸の原因、霊界について深い関心を持ち、仏教やキリスト教などさまざまな宗教への造詣(ぞうけい)を深めて来られました。

現在は、霊界に関する多くの文献を研究し、その成果を体系化して、全国各地で講演を行い、「文鮮明先生自叙伝心の書写講演会」でも講演を行っておられます。 特に、浅川先生のご指導の中、書写を通し全国で病気が治るなど多くの証しが出ています。

著書に「幸福と不幸の本当の理由」「幸・不幸と霊界の仕組み」「家庭運アップの秘訣」などがあります。

書写堂にてDVDが視聴できます

自叙伝DVD 

一ヶ月間続けた書写を奉納し、心をリセットする書写奉納式。

奉納式には、毎回浅川先生をお迎えしております。毎月の新しいみ言葉についての内容を語って下さいますので、その深い意味を知って新しい書写に臨むことが出来ます。

事情があって書写奉納式に出ることが出来ない方は、書写用紙を書写堂に納める事ができます。又、浅川先生のDVDも視聴する事が出来ますので御利用下さい。

書写奉納式の日程はHOMEの「お知らせ」やブログ『みんなで書写会』から確認できます。

幸運を引き寄せる生活講座

幸福を引き寄せる生活講座DVD

浅川先生は講話の中で『幸せの三段階』という話をされています。 まずはじめ、ホップは、書写をやって自分の心を変えることです。

次に、ステップは、学ぶこと。文先生が解かれた「統一原理」、或は「生活講座」を聞いて勉強することを勧めています。神様はいるのかということ、何故人は幸せになれないのか等を説いたのが原理です。

書写を書く時にも、はっきりと神様はいると確信して書くのとそうでないのとでは大きな差があると言われています。 そして、最後のジャンプは実践です。

福岡書写堂では、「生活講座」の他、幸運を引き寄せる様々な秘訣満載のDVD講座を用意しています。
是非ご視聴ください!

お気軽にどうぞ↓

イラスト講座目次一覧
愛天 愛人 愛国
  1. 序論
  2. お写真講座
  3. 天への挨拶講座
  4. 自叙伝書写講座
  1. 心のあり方講座
  2. 言葉遣い講座
  3. ほほえみ講座
  4. 夫婦円満講座
  5. 親子円満講座
  6. 嫁姑円満講座
  7. 人間関係円満講座
  8. 祈願書講座
  9. 先祖愛講座
  1. お掃除講座
  2. 人類愛と節約講座
  3. 感謝献金講座
浅川先生
     

初めての方へ

お試しセット贈呈

書写講座

浅川先生講座

書写奉納式

書写奉納式

毎月、浅川勇男先生をお迎えして「書写奉納式」を行っております。

詳しくはこちら

外部リンク

書籍紹介

愛天愛人愛国
文鮮明先生の著書です。

心の書写
浅川先生の著書です。

家庭運アップの秘訣
浅川先生の著書です。

本のお求めは光言社でどうぞ。又、浅川先生の著書はAmazon.co.jpからも御購入できます。

ページの先頭へこのページの先頭へ